ニュース

サンワサプライ、パンタグラフ式を採用したBluetoothテンキーを発売

投稿日:

1

5月8日(水)サンワサプライは、Excel作業や会計業務などを快適に行えるBluetoothテンキー「NT-BT21BK」を発売しました。

本製品は、Bluetooth3.0に適合したワイヤレステンキーです。

通信距離は最大10mで、デスク上の使いやすい場所に設置し、ケーブルを気にすることなく作業が行えます。

2

キーはキー同士の間隔があるアイソレーションタイプです。隣のキーを同時に押してしまうといったタイプミスや爪の引っ掛かりを軽減します。キータッチは、キーの端を押しても安定して入力ができるパンタグラフ式を採用しています。キーストロークが浅いので、軽いタッチでスピーディにタイピングできます。

3

電源オン・オフスイッチ付きで、電池の消耗を抑えることができます。本体上部にはLEDランプを搭載し、電池残量やNumLockのオン/オフの状態がひと目でわかります。「Tab」キーと「00」キーを搭載しているので、テンキーレスのノートパソコンで会計業務や数字入力が多い作業に最適です。

4

サイズはW86×D130×H17mmで重量は70g(電池含まず)

連続使用時間は150時間(アルカリ乾電池使用時)

また、テスト用の単四乾電池が付属されています。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース

Copyright© SCOPE , 2019 All Rights Reserved.