ニュース

Anker、Thunderbolt 4を搭載したドッキングステーション2製品を販売開始

1

 

8月26日(木)Anker(アンカー)は、多機能ドッキングステーション「Anker PowerExpand Elite 12-in-1 Thunderbolt 4 Dock」および「Anker PowerExpand 5-in-1 Thunderbolt 4  mini Dock」を本日より販売開始しました。

本モデルの魅力は、いずれも最新のデータ転送規格であるThunderbolt 4 を搭載したUSB-Cポートを備えていること。Thunderbolt 4 はUSB3.1 Gen 2に比べて約4倍となる最大40Gbpsでの超高速データが可能で、USB4やThunderbolt 3 、DisplayPort等との互換性もあるため、ノートPCのポート拡充や幅広い周辺機器との接続に便利に使用できます。

「Anker PowerExpand Elite 12-in-1 Thunderbolt 4 Dock」は急速充電から超高速データ転送までの幅広い機能をカバーするフラッグシップモデルです。最大90W出力可能なThunderbolt 4 ポート、iPhone 12 シリーズを急速充電できる最大20W出力のUSB PD対応のUSB-Cポートに加え、4K対応のHDMIポート、USB-Aポート、1Gbpsイーサネットポート、SDカードスロット、3.5mmオーディオジャックの7種類、計12ポートが1台に凝縮しています。Thunderbolt 4は最大8K(30Hz)、HDMIポートでは最大4K(60Hz)の出力が可能で、高画質なコンテンツを最大3つの外部モニターで同時に楽しむことができます。

一方「Anker PowerExpand 5-in-1 Thunderbolt 4  mini Dock」は、動画編集等でデータ転送をメインに使用する方に最適なモデルとなっており、最大85W出力のアップストリームポートと8K(30Hz)に対応した3つのダウンストリームポートの計4つのThunderbolt 4 ポートを備えています。多機能ながらコンパクトなデザイン設計のため、デスク周りをスッキリと整理整頓することができます。

どちらの製品にもThunderbolt 4ケーブルが同梱されています。

Amazon

Anker PowerExpand Elite 12-in-1 Thunderbolt 4 Dock

Anker PowerExpand 5-in-1 Thunderbolt 4  mini Dock

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース

© 2021 SCOPE