ニュース

Anker、キャンプや災害時に最適な小型ポータブル電源「Anker PowerHouse 200」を販売開始

投稿日:

2

3月15日(金)Anker(アンカー)は、自宅のコンセントを持ち運ぶような感覚で使える小型ポータブル電源「Anker PowerHouse 200」を本日より販売開始しました。

本製品は、アウトドアレジャーの盛り上がりや災害対策への意識の高まりを背景とし、昨年秋より人気が続いている「Anker PowerHouse 」の実用性はそのまま、さらなる持ち運びやすさ使いやすさを追求したポータブル電源の小型&進化モデルです。

従来の重さより約40%コンパクトな約2.7㎏の軽量設計ながら、57600mAhの超大容量抜釘r-を搭載すると共に、シガーソケット(DC12V出力)/AC電源(100W出力)/USB-A(USB Type-A)/USB-C(USB Type-C)という4種類の充電ポートを備え、Macbookを3回以上、スマートフォンを約15回、ミニ冷蔵庫のような小型の電化製品なら連続で4時間以上使用することができます。(※Anker調べ)。持ち手には伸縮しにくい太めのラバーバンドを採用しており、どなたでも手軽に持ち運ぶことができます。また、パススルー充電が可能な点も本製品の魅力。USB PD(USB Power Delivery)に対応したUSB-CポートもしくはDC入力ポートから本製品を充電しつつ、シガーソケットとAC電源を通じて別の接続機器へ同時に充電が行えます。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース

Copyright© SCOPE , 2019 All Rights Reserved.