雑記

Twitterのアカウントが乗っ取られた場合の対処法

投稿日:

1

Twitterのアカウントが乗っ取られるケースは以前からありましたが、ここ最近被害が急増しているようなのでアカウントが乗っ取られた場合の対処法をまとめてみました。

まずアカウントが乗っ取られた場合どのようなことが起こるか説明していきます。

・自身のアカウントから身に覚えのないツイートが投稿されている。

・自身のアカウントから身に覚えのないダイレクトメッセージ(DM)が送信されている。

・他のアカウントに対する操作(フォロー、フォロー解除、ブロック)

・身に覚えのないtwitterからの通知。

1、アカウントが乗っ取られている可能性があります。

2、変更していないのにアカウントの情報が変更されました。

・パスワードが使用できなくなり、リセットするよう促すメッセージが画面に表示される。

上記のケースで当てはまる項目があった場合は以下の手順で対処できます。

・パスワードを変更する。

パソコンからtwitterにログインして設定→パスワードタブから変更(なるべく複雑なパスワードを設定する。)

アカウントにログインできない場合はTwitter公式のトラブルシューティングが参考になります。

・サードパーティーアプリケーションとの連携を取り消す。

Twitterにログインして設定→アプリ連携を選択して身に覚えのないサードパーティーアプリケーションによるアクセスを取り消す。

・サードパーティーアプリケーションのパスワードを更新する。

外部アプリケーションにTwitterのパスワードを使用している場合はアプリケーションのパスワードも更新する。

更新していなく複数回ログインに失敗すると、一時的にロックアウトされる場合があります。

・Twitter登録時のメールアドレスの安全性確認

登録時のメールアドレスの安全性が確保できているかの確認。

メールアドレスを変更する際は設定→ユーザー情報にて変更可能。

まとめ

Twitterに限らずSNS(Facebook、Google+等)のアカウント乗っ取りが、ここ最近急増しています。

アカウントを乗っ取られないようにするには、複雑なパスワードを設定、ログイン認証を使用するのが効果的です。

その他にもパソコンにウイルスソフトを入れたり、スマートフォンにもウイルスソフトを入れるのも効果があります。(こちらもかなり有効だと思います。)

僕の場合はパソコン、スマートフォン(Android端末)に有料のウイルスソフトを入れています。

参考:おすすめ!私が使っているセキュリティソフト

 

Twitter公式

photo credit: Twitter Headquarters #4 via photopin (license)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑記

Copyright© SCOPE , 2018 All Rights Reserved.