ニュース

Twitter、画像に最長420文字まで入力できる説明機能を提供開始

投稿日:

1

3月30日(水)、Twitterは画像をツイートする際に最長420文字までの説明文を入力できる機能をAndroid/iOS向けの公式アプリにて本日より提供開始するとの発表がありました。

同機能を利用するにはTwitterアプリ内にある「アクセシビリティ」の設定にある「画像の説明を追加」をオンにすることで利用可能になります。

iOSアプリの場合

1、アカウントタブの設定(歯車アイコン)→設定をタップ

2、アクセシビリティをタップ

3、画像の説明を追加をオンにする

 

Androidアプリの場合

1、その他のアイコン→設定をタップ

2、アクセシビリティをタップ

3、画像の説明を追加にチェック入れオンにする

 

あとは画像を添付する際に「目の不自由な方のために画像の説明を追加してください」と表示されるので左下にある「説明の追加」ボタンをタップすれば説明文を入力することができます。

なおテキスト読み上げアプリ(ソフト)を利用することで説明文を読み上げることも可能。

同機能についてTwitterは視力の弱い人にでも写真や画像の内容を伝えやすく届けられるようにしたいとのことで提供を開始したそうです。

Twitter  https://blog.twitter.com/ja/japan

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース

Copyright© SCOPE , 2018 All Rights Reserved.