雑記

熱中症予防のまとめ

投稿日:

ほんと最近は暑いですよね~

梅雨明けも沖縄以外まだしていないのに・・・

この時期になると、いろいろ予防しておかないといけないことがあるのですが、その1つが熱中症予防です。

7月は熱中症が急増する月でもあり、そして熱中症予防強化月間!

熱中症とは?

熱中症とは気温が高い環境下で、体温調節の機能がうまく働かず体内に熱がこもってしまうことで起こる症状です。

2

特に子供や高齢者は重症になりやすく注意が必要!

熱中症は屋外はもちろん屋内でも発症します。

日本救急医学会では熱中症の症状を重症度によってⅠ度からⅢ度までの3つに区分することを推奨しているようです。

Ⅰ度 軽症

めまい、失神、筋肉痛、筋肉の硬直、大量の発汗

Ⅱ度 中等症

頭痛、気分の不快、吐き気、おう吐、力が入らない、体がだるくなる

Ⅲ度 重症

意識がなくなる、けいれん、歩けない、刺激への反応がおかしい、高体温

熱中症かなと思ったら

1.まず熱中症と思われる症状が現れたら、涼しい場所へ移動する。

具体的には涼しい日陰や、近くにエアコンのある部屋があるのであれば、直ちに移動するのがベストです。

2.衣類をゆるめたり、体に水をかけたり、冷たい水でぬらしたタオルを体に当てるのも効果的!

3.水分を補給する。

これに関しては水分補給とあわせて塩分補給もするのが良いです。

スポーツドリンクや塩飴などが効果的です。

ここまでは症状が軽い時の対処法です。

自力で水分補給ができなかったり、意識障害がある場合は、すぐに病院に行きましょう。

熱中症の予防

3

1.屋外では、なるべく日陰を選んで歩いたり、日傘をさしたり、帽子をかぶる。

屋内の時は扇風機、エアコンがある場合は辛抱せずにつけましょう。

2.通気性の良い洋服を着て熱気が出やすいようにする。

3.水分補給をこまめにする。

汗をかいたら水分と同時に塩分も失われるので、スポーツドリンクや塩飴で塩分補給をする。

4.睡眠不足や体調不良の場合は外出を控える。

4

 

まとめ

梅雨明け直後は猛暑になる傾向があるため、しっかりと熱中症予防をしましょう!

子供、高齢者の場合は重症になるケースも多いので注意が必要です。

source:政府広報オンライン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑記

Copyright© SCOPE , 2018 All Rights Reserved.