Windows

Microsoft、ブラウザの消費電力を比較したテスト結果を公開

投稿日:

1

6月20日(現地時間)、米MicrosoftはWindows10搭載のノートPCにてブラウザの消費電力を比較したテスト結果を公開しました。

今回使用されたブラウザはWindows10から標準搭載されたEdge、その他はサードパーティー製のMozilla Firefox、Google Chrome、Operaの4つでPCはMicrosoft社製のSuface Bookにて実施されました。(Wi-Fi環境)

検証内容としてはWebブラウジングを自動化しFacebook、Google、YouTube、Amazon、Wikipediaを巡回する方式で計測。

結果はMicrosoft Eageが2068mW、Google Chromeが2819mW、Operaが3077mW、Mozilla Firefoxが3161mW

2

 

続いて高画質再生によるビデオストリーミングでバッテリーの残量がなくなるまで再生、どのブラウザが1番長く再生できるかのテストを行ったところ結果は、Microsoft Eageが7時間22分7秒、Operaが6時間18分33秒、Mozilla Firefoxが5時間9分30秒、Google Chromeが4時間19分50秒。

上記のことからMicrosoft Eagが最も消費電力が少なくGoogle Chromeが最も消費電力が多いことがわかりました。

以下の動画で確認できます。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Windows

Copyright© SCOPE , 2018 All Rights Reserved.