ニュース

Anker、超大容量バッテリー搭載のポータブル電源「Anker PowerHouse Ⅱ 400」を販売開始

1

 

10月29日(木)Anker(アンカー)は、ポータブル電源「Anker PowerHouse Ⅱ 400」を本日より販売開始しました。

Anker PowerHouseシリーズ第3弾となる本製品は、「Anker PowerHouse 」の大容量による安心感はそのままに、入出力の利便性同時接続時の最大出力をアップグレードした好バランスモデルです。最大300Wの純正弦波ACポート/USB-Cポート(USB Type-Cポート)/USB -Aポート(USB Type-Aポート)/DCポート/シガーソケットの5種類の充電ポートを搭載し、「Anker PowerHouse 」の4倍以上となる合計最大出力516Wで最大8台の機器を同時に充電・給電ができるようになりました。またスマートフォンであれば20回以上の充電が可能な108,000mAh大容量バッテリーを備えており、USB PD(USB Power Delivery)に対応したポータブル電源では最高クラスの60Wの入出力も実現しています。本製品の充電はDCポートとUSB PD対応のUSB-Cポートからの同時入力にも対応し、最短4時間で満充電できます。

2

バッテリーマネジメントシステム(BMS)による高い安全性に加え、使い勝手に優れている本製品は、災害対策からアウトドアレジャーまで幅広い用途で活用できるため、初めてのポータブル電源の購入を検討されている方にも2台目を検討されている方にもオススメです。

Amazon

Anker PowerHouse Ⅱ 400

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース

© 2020 SCOPE