ニュース

Anker、長寿命バッテリーを搭載したポータブル電源「Anker 535 Portable Power Station(PowerHouse 512Wh)」を販売開始

1

 

2月17日(木)Anker(アンカー)は、ポータブル電源「Anker 535 Portable Power Station(PowerHouse 512Wh)」を本日より販売開始しました。

本製品の最大の魅力は【電池寿命の長さ】。いざという時のために安心して備えられると支持されAmazonでベストセラーを獲得した、「Anker 521 Portable Power Station(PowerHouse 256Wh)」を大容量/高出力にパワーアップしたモデルです。1週間に3回使用しても8年以上使える長寿命はそのままに、バッテリー容量2倍、ACポートからの出力は2.5倍に進化し、ご家族やグループで使用したい方に最適なモデルです。

バッテリー使用による経年劣化が少ない「リン酸鉄リチウムイオン電池」をバッテリーセルに採用することで3,000回使用後も、初期容量の80%以上の維持が可能となり、一般的なポータブル電源の約6倍の長寿命を実現。家庭用のコンセントと同じように同時に使用できるほか、Anker独自技術のPowerIQ3.0(Gen2)を搭載したUSB-Cポートや、3つのUSB-Aポート、シガーソケットも搭載。持ち運びが可能なサイズながら、この一台で最大9つの機器に合計716Wの出力で同時に充電/給電することができます。

2

前面ディスプレイには本体が満充電になるまでの推定時間や電力供給可能な残り時間が表示されるため、キャンプなどのアウトドアの際はわかりやすく、停電や災害時などの緊急時には慌てずに安心して残容量を確認しながら使用することができます。また別売りの高出力ソーラーチャージャー「Anker PowerSolar 3-Port 100W」を併せて使用することで、電源にアクセスできない環境下においても、太陽光さえあれば電力を本製品に蓄え、防寒のために小型のヒーターを使用することもできます。

Amazon

Anker 535 Portable Power Station(PowerHouse 512Wh)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース

© 2022 SCOPE