Windows

Microsoft、「Windows 10」を正式リリース!無償アップグレードは順次提供開始

更新日:

2

米Microsoftは29日「Windows 10」を正式にリリースしました。

無償アップグレードの順次提供に関しては、まずは「Windows Insider Program」参加者から提供開始され次に無償アップグレードの予約を行った人へと提供開始される流れとなっています。

無償アップグレード予約の場合

無償アップグレードの予約を行った人はタスクバーのWindowsアイコンをクリックすると現在の状況が確認できます。

4

5

 

Windows10をバックグランドでダウンロードしている状況だと、このようなに表示されます。

2

Windows10のダウンロードに関してはCドライブの直下に$Windows.~BTという隠しフォルダが作成されており、その中でダウンロードが進められているようです。

5

プロパティで詳しく見てみると、このような状態になってました。

6

 

Windows10の無償アップグレードが可能になると、このように表示されるので後は続行をクリックして手順を踏んでいけばWindows10のアップグレードが完了します。

6

無償アップグレードに関しては状況によっては数週間かかることもあるようです。

まとめ

僕は同じ日に2台のパソコン(Windows7、Windows8.1)で無償アップグレードの予約をしましたがWindows7のパソコンではWindows10の無償アップグレードが可能になったのですがWindows8.1のパソコンではWindows10をバックグランドでダウンロード中の状態が続いています。

パソコンの環境によってはダウンロード状況が変わってくるのかもしれません。

また無償アップグレード対象のWindowsが入っていない環境であれば8月1日発売のDSP版Windows10を購入すればWindows10をインストールすることができます。

Windows10 Home Premium 32bit

WindowsHome Premium 64bit

Windows10 Professional 32bit

Windows10 Professional 64bit

Windows10のシステム要件に関しては、こちらの記事が参考になると思います。

Windows10のシステム要件とエディション別のアップグレード確認

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Windows

Copyright© SCOPE , 2018 All Rights Reserved.